フォトブックのおすすめや作り方が分かる

ママのフォトブック

最近ではフォトブックも素人が簡単にPCやスマホで作ることができるようになりました。

しかし、作るのは簡単だとしても、表紙やカバーやテンプレートなど選ぶことは多いですし、各サービスによって値段が安いのもあれば高いのもあり、はじめて作る人だと調べなければならないことも多いです。

ママのフォトブックでは初めての人向けに選び方や作り方が全て分かるようになっています。

おすすめのフォトブックをはじめ、比較や口コミも掲載しているので、はじめての人でも作る方法からどこを選べば良いのかなど、全て分かるように解説をしています。

旅行や子供の成長記録など、思い出を残そうとは思った方はご覧頂ければと思います。

フォトブックの選び方

まずはフォトブックの選び方について紹介します。

選択する部分としては5種類の項目があり、それぞれの項目を選んでどんなフォトブックを作りたいかを決めて、それに対応したのをサービスを比較するようにしましょう。

  • サイズ
  • 価格
  • カバー
  • 綴り目
  • ページ数

フォトブックは写真館やネットで、様々な場所で作ることができますが、たとえ大手であっても全ての選択項目を取り扱っている訳ではありません。

A4サイズでハードカバーなど人気があったりしますが、それに特化して提供をしていて、選択肢は少ないけど、その分価格が安いだけでなく、ページ数も多くてコスパが良いなどもあります。

初めて作る方はこの5項目の中でもカバーの種類と綴り目の2つを決めて、どこでフォトブックを作るのか比較して決定するのがおすすめです。

どこが安いのかなどは下記サイト「フォトブックの天使」のような、様々なフォトブックから比較して選べるようになっているのを参考にすると良いはずです。

フォトブックのおすすめや安いのを比較 | フォトブックの天使

カバーの種類(ハード・ソフト)

フォトブックの選び方で最も重要となるのがカバーの種類です。

カバーにはいくつか種類がありますが、大きく分別するとソフトとハードの2種類に分かれます。

ソフトカバーは柔らかいので痛みやすく、落としたり扱いに気お付けないと、ボロボロになりやすくもあります。

そのため、記念日のような大切な思い出をフォトブックにする時は、高級感もありオシャレでもある、ハードカバーを選ばれることが多いです。

  1. ソフトカバー
  2. ハードカバー

単行本などで見かける巻きカバーなどが選択できるのもありますが、主に上記のどちらかのカバーを選ばれることが多いです。

そのため、まずはどのカバーを選ぶのかによって、どこでフォトブックを作るのかを検討するようにしましょう。

綴り目(製本方法)

次にフォトブックの製本方法となる綴り目を選ぶようにしましょう。

製本方法とは主にページの綴じ方による部分のことです。綴じ方は分別すると主に2種類に分けられます。

完全にページを開くことができるフルフラットと一般的な書籍のように束ねられている無線綴じと呼ばれるのがあります。

  1. フルフラット
  2. 無線綴じ

他にノートなどであるリングタイプと呼ばれる、綴じ目をリングで通すタイプなどもあります。

オシャレと人気のであればフルフラットのが人気があります。フルフラットだとページをパタンと開ききることで、2ページ分に大きな写真を1枚載せたりと、アルバムではできないページを作ることができます。

おすすめのフォトブック

2021年に評判の良いフォトブックからおすすめのを紹介していきます。

フォトブックは大手から専門の業者など、様々な場所で作成をすることができます。

どこを利用するかによって、カバーもハードかソフトかリングなどの種類から、綴り目もフルフラットや糸綴じやサイズもA4やB4など様々です。

また、特に価格を気にする人だと、基本となる最低ページの料金だけでなく、ページの追加をする時の単位が10ページ毎なのか2ページごとなのかなど、気に掛けることで、より安い価格のサービスを見つけたりすることもできます。

それでは口コミでも評判の良いおすすめのフォトブックを3つ紹介していきます。

ビスタプリント

ビスタプリントビスタプリントはフォトブックでもハードカバーでフルフラットに特化をしています。

他のに比べてソフトカバーが無かったりと選択できる項目が少ないですが、その分、ハードカバーのフルフラットでのフォトブックとしては、価格も安くコスパが非常に良いです。

また、サイズに関しては横長・縦長・正方形と全ての形状に対応をしています。

そのため、自作のフォトブックとして人気のあるハードカバーで、オシャレなフルフラットタイプのフォトブックを作る人なら、価格も安く特におすすめすることができます。

また、追加ページは2ページ毎での追加料金となっているので、価格も安くコスパも良いです。

マイブック

マイブックマイブックのフォトブックはカバーもソフト・ハードや製本の仕方(綴じ方)も糸綴じ・フルフラットと選択をすることができます。

全部で4種類のタイプのフォトブックがあり、FLAT・ART-HC・ART-SC・DXで、どれにするかでカバーや綴じ方やサイズなどが変わります。

フォトブックはPCとスマホのアプリの両方で作ることができますが、スマホに関してはART-HCのハードカバーで無線綴じのみに限られます。

そのため、スマホからフォトブックを作成するつもりの人は、1種類限定となるのでその点に注意をするようにしましょう。

最低で10ページからで、追加をしたい時は10ページ単位となっているので、細かく増やすことはできないです。

富士フイルム

富士フイルム大手の富士フイルムでもフォトブックをネットから作れるようになっています。

富士フイルムの公式だけでなく、カメラのキタムラでも同社のフォトブックの作成をすることができるようになっています。

そのため、ネットで注文をして店頭で受け取りなどに対応している地域もあります。

リングタイプのフォトブックなどもあり、様々なサイズやカバーから、フォトブックを作ることができるようになっています。

安いフォトブック

お得に安いフォトブックを作りたいのであれば、どのカバーやサイズや綴り目かなどによって、どこを利用すると最安値かは変わります。

記念日や思い出などに作るので人気のある、ハードカバー・フルフラットのオシャレのであれば、安いのは「ビスタプリント」があります。

ビスタプリントはハードカバーのフルフラットのフォトブックの作成限定ではありますが、価格は24ページからにも関わらず4,980円(税込み)と安いだけでなく、送料も無料となっているので断トツでコスパが良いです。

また、作成途中の写真を選んでいて、載せたい写真がいくつかあり、ページ数を増やしたくなることも以外と多かったりします。

その点でもビスタプリントは他と比べても少ない、必要最低限の2ページ単位の297円から増やしていくことができるので、価格が安いフォトブックとなっています。

記念日や子供の記録などでフォトブックを作るのであれば、ビスタプリントはおすすめすることができます。

スマホのアプリがあるフォトブック

フォトブックはPC(パソコン)とスマホ(スマートフォン)のアプリの2つの方法で作れるようになっているのが多いです。

但し、どちらの方法で作るかによって、編集できる範囲が変わるようになっているのが多いです。

テンプレートの種類や装飾となるスタンプなど、編集できる範囲が変わることもあれば、選べるカバーや製本の仕方が限定されることもあります。

  1. PC(パソコン)
  2. スマホ(スマートフォン)

基本的にパソコンを使うことでより細かな編集などができ、よりオリジナリティのあるフォトブックが作れるようになります。

パソコンがあるのならPCで作成した方がより画面のサイズも大きいので、より製本時の写真のサイズなども近い状態をイメージして作れるのでおすすめです。

フォトブックの口コミ

フォトブックの口コミは基本的には良い評判のが多く、悪いのはあまり見かけることは少ないように感じます。

もともとプロの写真家などが販売するような写真集も、ここで紹介しているフォトブックのサービスが使われていたりします。

自作で作るフォトブックとしては、素人が初めて作る時に想定しているのより、結構しっかりとしたのが出来上がることも多いです。

そのため、フォトブックの口コミは比較的評判が良いのが多いのではと思います。

主に悪い口コミとして見かけることが多いのは、作り方の使いやすさによる部分であり、人によってどこが良いかは大きく違いがあります。

そのため、実際に使ってみないと分からない部分も多いので、口コミは参考程度にしておくようにすると良いかと思います。

最近の記事

PAGE TOP